名古屋での登山生活

名古屋市緑区在住。ここをベースにした登山活動の記録をつづっていきます。その他に食事のアイデア、登山計画、思いついたことの備忘録など。たまに名古屋弁がでますので、よろしく!

神奈川県 箱根明神ケ岳ー明星ケ岳の縦走

 17日の日曜、所属している山岳会「山人ノマド」の会員2名と一緒に山行に行ってきました。

 詳しくは会の山行記録に記載。

 

f:id:Odawara94:20190317090000j:plain

登山口に向かうバス乗り場にて

 山行のときに持っていこうと考えていたiPhoneを忘れてしまい、同行の方の撮影した写真を使わせてもらっています。

 

f:id:Odawara94:20190317132500j:plain

明星ケ岳山頂での記念撮影

 トータルで約6時間の山行でした。明神ケ岳は人がたくさんいました(写真がなくて残念!)が、明星ケ岳は我々以外に1パーティだけでした。

 稜線を歩いている間は、ちょっと天気が悪くガスっていました。

 

 久々に神奈川の山を歩くことができ、体の疲労感とともに充実した山行でした。

愛知県 東谷山の登山

 久々の山行記録です!

 NHKの「さわやか自然百景」の3月3日放送で東谷山を取り上げていました。それで、おもむろに行ってみたくなり、地下鉄と市バスを乗り継いで行ってきました。

 この山は ”名古屋市の” 最高地点だそうです。

 

f:id:Odawara94:20190312103117j:plain

 東谷山フルーツパークバス停から少し歩くと山が見えてきました。里山という雰囲気です(立て看がいい味出しています)。

 

f:id:Odawara94:20190312110311j:plain

 バス停から約20分でフルーツパーク到着。フルーツパーク南口の右隣りに登山口があります。その前に、フルーツパークでひと休憩。入り口を入ってすぐに梅林がありました。花はもう盛りを過ぎていました。しかし、いい香りが漂って、雰囲気もよかったです。

 

f:id:Odawara94:20190312111216j:plain

 休憩とトイレを済ませて、登山開始。

 

f:id:Odawara94:20190312112311j:plain

 階段を登り、途中で現れる古墳。コースガイドもありました。

 

f:id:Odawara94:20190312112945j:plain

 2つ目の古墳。コースガイドによると、この地域周辺は古墳だらけです。

 

f:id:Odawara94:20190312113342j:plain

 いったん鞍部に下り、登り返して山頂の神社に到着。久々の歩きで、ちょっと疲れました。約30分くらいで到着ですかね。二等三角点があるはずですが、神社の敷地内は立ち入り禁止のため、確認できませんでした。

 そばのベンチで休憩。行動食を摂りました。ちょっと汗もかいたので、クールダウン。

 

f:id:Odawara94:20190312114212j:plain

 神社の脇にある展望台から西の方角を望んだ景色。庄内川から濃尾平野が広がっています。景色も堪能できたので、来た道を再びフルーツパークまで戻りました。

 

f:id:Odawara94:20190312124201j:plain

 フルーツパーク内をちょっとボラボラ。カンザクラが見頃でした。この写真のサクラはきれいでしたね。「紅筆」という品種だそうです。

 

f:id:Odawara94:20190312124809j:plain

 カワズサクラです。これもちょうど見頃。伊豆の方でも咲いているんだろうなぁ。

 

 バス発車時刻の時間調整のため、フルーツパーク園内をボラボラしたりベンチで休憩して行動食の残りを食べ尽くしました。

 

 自宅から約2時間。地下鉄と市バスを乗り継いで、のんびり自然にふれあうことが出来ました。

 

魔法のパスタ:村田裕子/主婦の友社

 図書館に行ったときにパスタのレシピ本を物色していて見つけたものです。

f:id:Odawara94:20181214093511j:plain

 鍋一つでパスタを茹で、具材とソースにからめるという内容です。本文前書きに依ると、フランス発祥のものだそうです。どうりで、生クリームやバターを使ったレシピが多い。でも、冬にはちょうどいいと思います。

 

 以前、自分が書いたブログ記事とおんなじだがや(おんなじじゃねーか)と思いながらも、最近この本のレシピにはまっています。パスタを食べたくなったときは、ほぼ、この本のやり方で作っています。

 

 自分では、「鍋パスタ」と呼んでいます。

 

<作り方の概略>

1. 作る分だけのパスタをあらかじめ水に漬けておく(約30分、パスタがクニャリと曲がるくらい)。

 私が1人分作るときは、

  鍋に6号土鍋を使う、

  ロングパスタは1人分(目安として、親指の付け根に人差し指を当てて丸を作ってパスタをつかんだくらい)、

  パスタを鍋に入るように半分に折る、

 というやり方をしています。さらに、本ではパスタを漬けた水は捨てるようにと指示されていますが、そのまま茹でる水に使っています。

 

2. 入れる具材をすべて切って準備しておく(パスタを水に漬けている間に)。

 これは一般に、調理の基本ですね。

 

3. パスタの入った鍋に塩、オリーブオイルなどソースの材料を入れる。

 トマトソースならばトマトジュースを入れ、

 クリームソースなら生クリームを入れます。

 このとき、パスタをふやかしたときの水が多ければ少し減らします。今まで作った感じでは、トマトソースでは水を少なめ、クリームソースならば多め。作ってみて自分の好みの分量を決めてください。

 

4. パスタを水に漬けていると互いにくっつくので、この時点でハシなどでばらしておく。準備した具材を「すべて」火の通りにくいものから順に鍋に入れる。

 

5. 鍋の蓋をして火にかける。吹いてきたら極弱火にしてパスタの表示されているゆで時間のあいだそのまま炊く。

 

6. 蓋を開け、水分をある程度とばす。このときパスタの端がくっつきやすいのでバラす。

 ここの水分のとばし加減がポイントです。余り水分が残っているとベチャッとしてしまいますし、かといって飛ばしすぎるとパサつきます。*1*2

 あと、葉もの野菜などはこのタイミングで入れて火をとおしています。

 

7. 仕上げに入れる材料を鍋に入れて和える。

  生クリームや粉チーズ、オリーブオイルなどなど

 

 土鍋の場合、皿などに取り分けずにそのままいただいています。当然の事ながら、アルデンテは望めません。でも、日本人好みの食感のパスタ(いつか喫茶店で食べたパスタ)に仕上がります。

 

 洗い物は鍋と食器(自分の場合はしとさじ)だけ。山の食事と同じです。

*1:土鍋だと火から降ろしても熱がこもっているので、水分が飛びやすい。

*2:最近は水分をわざと残しておいて、最後にスプーンで飲み干しています。

サバ缶のみそ煮うどん

NHKのHP 「みんなのきょうの料理」で見つけた料理です。

作ってみて、これは山の食事に使えるなと思いました。

材料は、サバ缶、タマネギ、白玉うどんに長ネギなど。調味料は八丁味噌

冬場は白玉うどんをそのまま持っていけばよし。夏場は冷凍うどんですかね。

詳しい作り方はHPを見てもらった方がいいと思います。

 

サバ缶の汁からしっかりだしが出ます。タマネギは多めに入れて、味噌は少なめにして溶き入れ、煮込んだ方がおいしいです。そして、うどんを入れてサッツと火をとおせば出来上がり。

トマトソースの牛肉煮とパスタ(その1)

 NHKのHP 「きのこたっぷりハヤシライス」を見て作ってみようと思いました。しかしHP掲載のレシピは鍋をいくつも使っており、山で作るには手順の変更が必要かなと。

 それで、手始めにドミグラスソースの代わりにトマトジュースを使って煮込んでみました。そのため、”その1”です。

f:id:Odawara94:20181024133046j:plain

 

[材料 2食分]

牛小間切れ肉200g、トマト1個、セロリ10cm位、トマトジュース1/2カップ、ニンニク2かけ

 

 トマトはくし形に切り、さらに1cm程度の角切りにします。こうすると皮が気になりません。それとレシピではセロリの葉を使っていますが、その始末について記載されていないため、代わりにセロリの茎を10cm程度小口に切っていれました。ニンニクは横に薄切りです。

 牛肉は食べやすい大きさにちぎり、塩と粗挽きこしょうで下味を付けておき、ソースが煮えてきたところに加えました。レシピでは別鍋を使い牛肉をバターでソテーして入れるようにとなっています。しかし鍋を2つ使うのが面倒なのと、バターでソテーするとくどいと思い、今回はソースが煮えた中に入れて加熱しました。

 はっきり言って、レシピの内容は動物性脂肪を取り過ぎます。厳冬期のテント泊でもないのに、こんなにバターを摂ってどうするのと突っ込みを入れたくなります。太るだけですよ。

 それとは別に4人分で牛肉200gは少ないんではないでしょうか?@50gですよ!せめて@70gくらいにしないとハヤシライスと言えないです。タンパク質は少なく脂肪は多い。今の食生活はこんなもんですか?

 それと、レシピには仕上げにケチャップやソースを入れるよう指示がありますが、不要です。洋食屋は味に深みを出すためと、自分の腕を自慢するのにこれらを隠し味に入れる傾向があります。野菜と牛肉の旨味だけで十分です。

 

 鍋にトマト、セロリそれとニンニクを入れ、トマトジュースと水を適量入れて火にかけます。沸いてきたら牛肉を入れて炊いていきます。ソースの出来上がり分量はちょうど6号土鍋に半分くらい。これから見積もると、レシピどおりトマト2玉で4人分ですね。

 今回は、ついでにパスタと一緒に戴こうと思いましたので、ちょっと水多めにしてパスタ入れて炊きました。肉が煮えたところでパスタを入れて程よい堅さ(約10分くらい)までゆでて出来上がり。

 オレガノを振りかけていただきました。ゆでたので肉が柔らかく、ソテーしなくて正解でした。ソースは、いろんな旨味が混じり合っておいしかったです。もちろん御飯にかけて戴いてもおいしいと思います。

 ソースが残るので、翌朝再び水を足し、パスタを炊いて全部戴きました。 

 

 こういうシチュものは自宅で作ってジップロックに詰め、冷凍して持っていくのも1つの手ですね。時間があれば現場で作った方がいいかな。

 

 次はトマトソースの代わりにドミグラスソースを使い、タマネギをソテーして追加しようと思います。

鍋物シリーズ:定番の豚汁

 鍋物がシリーズになりました。今回は豚汁です。

 生肉は冷凍して、山に持って行きます(保冷バックに入れるとなおよい)。野菜類は丸っこなりで持っていった方が保存がききます(冬期登山ならば、下ゆでしジップロックに入れて持って行ってもいいかな)。断面積が多いほど酸素と触れやすくなるので酸化しやすいです。

 豚汁には入れる具により色々とバリエーションがあります。今回は最も基本的と考えるレシピの紹介です。出来上がり全量で2リットル位です。

 追加する野菜(バリエーション)としては、里芋(冷凍品)、大根、椎茸それと大豆の水煮ですかね。その辺はお好みでどうぞ。

 

f:id:Odawara94:20181002170326j:plain

 

[材料]
豚バラ肉:250g
ゴボウ:1本(太いものは半分)
コンニャク:1〜1/2枚
人参:1本
長ネギ:1本
<調味料など>
厚削り節:ひとつまみ(あまり多いとエグ味が出る)
昆布:目安として5cm四方
味噌:目安として大さじ3〜31/2
油:ゴマ油など、目安として大さじ2

(削り節と昆布はなくてもOK。それなりの仕上がりとなります)

 

[下ごしらえ、準備]
ゴボウ:小さめの乱切り
コンニャク:5mm幅に切り出し、5mmほどの拍子木切りまたは、1cmほどの色紙切り
人参:5mm幅のいちょう切り、根元の方は小口切り
長ネギ:白い部分と青い部分の境目で切り、白い部分は1cm程度の小口切り、青い部分は斜め薄切り
昆布:1cmの色紙に

 

[つくり方]
深めの鍋(3L程度)に油を敷き、中火で、ごぼう、人参そしてコンニャクの順に炒める。
野菜全体に油が行き渡ったら、弱火にして蓋をし、5分ほど蒸し煮。
蓋を取り、肉を広げるように乗せて蓋をし、肉の色が変わるまで蒸し煮。
全体を混ぜ、厚削り節と昆布を入れて水を張る(材料がかぶるくらい)。
蓋をして中火で加熱(昆布のダシを引きだすため、ゆっくり加熱する)。
沸いてきたら弱火にし、味噌の半量を溶き入れ、長ネギの白い部分を入れて蓋を切って2〜3分炊く。
残りの味噌を溶き入れ、長ネギの青い部分を入れ、沸いたら出来上がり。

ペミカンが使えるミルクシチュ

 冬期登山の古典的な食材(保存食)ペミカン。これに使えるレシピがNHKのHP 「みんなのきょうの料理」に出ていたので、自宅で作ってみました。

www.kyounoryouri.jp

 

HPの内容によると、テレビで紹介されたのが多分2013年。このページを見つけたのは上高地の明神館で働いていたときだから、同じ年です。それから5年、作りたいとは思っていましたが、なかなか機会がありませんでした。しかし今回、ようやく作ることができました。

 

 思い出しては食べたいな〜と思う。なんで作れなかったのだろう。それほど難しい訳ではないのに。材料を切って、煮込むだけ。自分自身に余裕がなかったかな。精神的にも参っていたし。それに、以前は作るのが面倒だなと思っていました。今は調理道具も揃え、料理を作ることに興味があるため( 丸元淑生さん、辻嘉一さんの著書そして栄養学、分子生物学との出会いのおかげ)、Motivationが沸いたのだと思います!

 

f:id:Odawara94:20181001181449j:plain

 

 名古屋人は御飯にシチュをかけて食べます。カレーライスと同じように考えているのです。わたしはクリームシチュが好きなので、2人分くらいペロリと戴いてしまいました。毎日火をとおせば、2日くらいは室内でも保ちます。鍋料理はたくさん作って、何日かにかけて食べられるから便利ですね。

 

 HPのレシピは4人分の分量です。出来上がりの容量はおおよそ2Lですかね。山で作るとしたら、
 1)材料を担ぎ上げて現場で調理する(定着山行、長期間や大人数向き)
 2)野菜を炒めるところまでは自宅で準備して、現場では煮込むだけ(少人数、テント1泊山行向き)
 2’)野菜を炒めて小麦粉をまぶすところまで自宅で準備する。

 

 ペミカンで作るならば、当然(2)の方法ですね。冬期登山はカロリ消費しますからレシピのバターの量よりかなり増やします(私の先輩のF氏はバターまるごと1個入れていた。これはちょっと入れ過ぎ?)。後はジップロックの大きい袋に詰めて山にもって行きます。また、小麦粉はワンカップ焼酎などのペットボトル(口が広いので粉もんの保存に向いている)に、牛乳はペットボトルに入れて持っていきます。

 

 このシチュとハムがあれば十分でしょう。御飯が食べたければ、炊飯してもいいし、パック御飯を持って行ってもいいでしょう。朝食にも合うと思います。冷や御飯を入れてちょっと煮込めば洋風雑炊になります。

 

 このレシピだけでまず十分だと思います。肉などを入れようと思えば入れられる。でも、土井さんはあえてこれだけの食材でまとめたのだと思います。

 

 それでも、考えたのですが、フランス風ミネストローネ(フランス人はバターが好きだそうです)であると捉えると、豆の水煮やマカロニを入れるのもいいかも。さらに、緑の野菜も摂りたければ、インゲン、アスパラガスとかブロッコリを現場で追加ですね。