うつ病リハビリ!名古屋での登山生活

長いこと「うつ病」を患っています。このブログが「うつ病」を患っている他の方々の励みになれば幸いです。山行記録の他、食事のアイデアなどもつづっていきます。たまに名古屋弁がでますので、よろしく!

愛知県の吉祥山へ登山(幻の?キンランを探して)

 愛知県の東端、豊橋市にある吉祥山に行ってきました。

 動機は、ヤマケイから出ている「愛知県の山、2017年版」に出ていた1枚の写真。

実物をど〜しても見たくて、このところず〜っと気になっていたのです。

f:id:Odawara94:20190421061030j:plain

キンラン(他の方のHPによる)

キンラン(金蘭、Cephalanthera falcata)はラン科キンラン属の多年草で、地生ランの一種。和名は黄色(黄金色)の花をつけることに由来する。

[特徴]
山や丘陵の林の中に生える地上性のランで、高さ30-70cmの茎の先端に4月から6月にかけて直径1cm程度の明るく鮮やかな黄色の花を総状につける。花は全開せず、半開き状態のままである。花弁は5枚で3裂する唇弁には赤褐色の隆起がある。葉は狭楕円形状で長さ10cm前後、縦方向にしわが多い。柄は無く茎を抱き、7、8枚が互生する。

Wikipediaより)

 

 三河の山は電車もバスも通っていないので、車でのアプローチが必須です。

 6:00頃に自宅を出て、近くのコンビニでおにぎりを買い、車中で食べて朝食*1。ガソリンを給油して、登山口にある休憩所(駐車場とトイレがあり)に向かいました。

 8:30頃に休憩所到着。ボランティアの方々が掃除をされていました*2。駐車場はまだガラガラ(敷地の区画を数えたら、18台駐車可でした)。早出した甲斐がありました。

 

f:id:Odawara94:20190420090638j:plain

休憩所からちょっと登ったところに登山口

 トイレに行ったり、登山靴に履き替えたりして支度をし、9:00に登山開始しました。最初は緩やかな登りでした。

 

f:id:Odawara94:20190420091214j:plain

最初に現れたヤマツツジ

 今年は花の咲くのが早いみたいです。ツツジがすでに花盛りでした。

 登山道は案内板があり、かなり歩かれているようで、道がしっかりしています。途中の鉄塔を2本過ぎたあたりからキンランが咲いているとガイド本に出ていたので、道の両側を注意しながらゆっくり登りました。

 しかし、ツツジや他の山野草は目にするものの、お目当てのキンランはいらっしゃいませんでした。

 

f:id:Odawara94:20190420094929j:plain

ルート分岐にある総合案内所(休憩所)

 結局、キンランは見当たらないまま途中の案内所に着いてしまいました(ここまで登山口から約1時間)。

 ガイド本によるとこの山の山頂周りは、昔に山火事が発生して荒廃していたそうです。その後、愛知県が整備事業を行って環境保全地区にしたそうです。箱もの行政の賜物です。

 しかし、だれにでも自然にふれあえるようになっているので、いいんではないかと思いました(登る途中、自分より早く登った女の子が下ってくるのに会いました。地元の子かな?)。

 

f:id:Odawara94:20190420101305j:plain

山頂到着。展望はバッチリ!

 山頂直下はやや登りがきつくなります。キンランは半ばあきらめかけながら、ゆっくりと登りました。

 結局キンランは陰も形もみあたらず、そのまま10:30頃に山頂に着いてしまいました。

 

f:id:Odawara94:20190420101415j:plain

南方面の眺め(浜松との境の山、うっすらと渥美半島が見渡せました)

f:id:Odawara94:20190420101433j:plain

北方面の眺め(カスミがかっていて残念)

 ちょっと高曇りぎみで、カスミもかかっていてくっきりとした展望は望めませんでした。南は快晴の夏に海の眺め、北は冬の山の眺めがいいでしょうね。

 

 山頂で眺めを楽しみながら、残りの行動食(相変わらずの大福餅)を食べつつ1本とりました。

 

 もと来た道をあきらめずキンランを探しながら下山。途中結構登ってくる人と会いました。それなりに人気の山なんですね(駐車場と休憩所のおかげか)。

 

f:id:Odawara94:20190420110357j:plain

駐車場に戻りました(駐車場は満車でした!)

 結局キンランには会えずじまいで30分ほどで登山口に戻りました。イノシシのほじくり返した跡があちこちにあったので、地下茎が喰われたのかな?

 

 キンランが目当てだっただけに、なんだか物足りなさが残る山行でした。名古屋から片道約2時間半。経済的に言えば費用対効果が少ないと思いました。まあ、行かずに悔いを残すよりも、行ってみて実情を把握できたので、それなりによしとしました。

 

 登山道で見かけた山野草です(名前は図書館に行って調べます)。

f:id:Odawara94:20190420092343j:plain

f:id:Odawara94:20190420092857j:plain

f:id:Odawara94:20190420100943j:plain

f:id:Odawara94:20190420105314j:plain

 

*1:山岳会の会員から「自宅を出るのが核心部」という伝説を作られました。

*2:後になって、ボランティアの方にキンランについて聞いておけばよかったと思いました。

神奈川県 箱根明神ケ岳ー明星ケ岳の縦走

 17日の日曜、所属している山岳会「山人ノマド」の会員2名と一緒に山行に行ってきました。

 詳しくは会の山行記録に記載。

 

f:id:Odawara94:20190317090000j:plain

登山口に向かうバス乗り場にて

 山行のときに持っていこうと考えていたiPhoneを忘れてしまい、同行の方の撮影した写真を使わせてもらっています。

 

f:id:Odawara94:20190317132500j:plain

明星ケ岳山頂での記念撮影

 トータルで約6時間の山行でした。明神ケ岳は人がたくさんいました(写真がなくて残念!)が、明星ケ岳は我々以外に1パーティだけでした。

 稜線を歩いている間は、ちょっと天気が悪くガスっていました。

 

 久々に神奈川の山を歩くことができ、体の疲労感とともに充実した山行でした。

愛知県 東谷山の登山

 久々の山行記録です!

 NHKの「さわやか自然百景」の3月3日放送で東谷山を取り上げていました。それで、おもむろに行ってみたくなり、地下鉄と市バスを乗り継いで行ってきました。

 この山は ”名古屋市の” 最高地点だそうです。

 

f:id:Odawara94:20190312103117j:plain

 東谷山フルーツパークバス停から少し歩くと山が見えてきました。里山という雰囲気です(立て看がいい味出しています)。

 

f:id:Odawara94:20190312110311j:plain

 バス停から約20分でフルーツパーク到着。フルーツパーク南口の右隣りに登山口があります。その前に、フルーツパークでひと休憩。入り口を入ってすぐに梅林がありました。花はもう盛りを過ぎていました。しかし、いい香りが漂って、雰囲気もよかったです。

 

f:id:Odawara94:20190312111216j:plain

 休憩とトイレを済ませて、登山開始。

 

f:id:Odawara94:20190312112311j:plain

 階段を登り、途中で現れる古墳。コースガイドもありました。

 

f:id:Odawara94:20190312112945j:plain

 2つ目の古墳。コースガイドによると、この地域周辺は古墳だらけです。

 

f:id:Odawara94:20190312113342j:plain

 いったん鞍部に下り、登り返して山頂の神社に到着。久々の歩きで、ちょっと疲れました。約30分くらいで到着ですかね。二等三角点があるはずですが、神社の敷地内は立ち入り禁止のため、確認できませんでした。

 そばのベンチで休憩。行動食を摂りました。ちょっと汗もかいたので、クールダウン。

 

f:id:Odawara94:20190312114212j:plain

 神社の脇にある展望台から西の方角を望んだ景色。庄内川から濃尾平野が広がっています。景色も堪能できたので、来た道を再びフルーツパークまで戻りました。

 

f:id:Odawara94:20190312124201j:plain

 フルーツパーク内をちょっとボラボラ。カンザクラが見頃でした。この写真のサクラはきれいでしたね。「紅筆」という品種だそうです。

 

f:id:Odawara94:20190312124809j:plain

 カワズサクラです。これもちょうど見頃。伊豆の方でも咲いているんだろうなぁ。

 

 バス発車時刻の時間調整のため、フルーツパーク園内をボラボラしたりベンチで休憩して行動食の残りを食べ尽くしました。

 

 自宅から約2時間。地下鉄と市バスを乗り継いで、のんびり自然にふれあうことが出来ました。

 

魔法のパスタ:村田裕子/主婦の友社

 図書館に行ったときにパスタのレシピ本を物色していて見つけたものです。

f:id:Odawara94:20181214093511j:plain

 鍋一つでパスタを茹で、具材とソースにからめるという内容です。本文前書きに依ると、フランス発祥のものだそうです。どうりで、生クリームやバターを使ったレシピが多い。でも、冬にはちょうどいいと思います。

 

 以前、自分が書いたブログ記事とおんなじだがや(おんなじじゃねーか)と思いながらも、最近この本のレシピにはまっています。パスタを食べたくなったときは、ほぼ、この本のやり方で作っています。

 

 自分では、「鍋パスタ」と呼んでいます。

 

<作り方の概略>

1. 作る分だけのパスタをあらかじめ水に漬けておく(約30分、パスタがクニャリと曲がるくらい)。

 私が1人分作るときは、

  鍋に6号土鍋を使う、

  ロングパスタは1人分(目安として、親指の付け根に人差し指を当てて丸を作ってパスタをつかんだくらい)、

  パスタを鍋に入るように半分に折る、

 というやり方をしています。さらに、本ではパスタを漬けた水は捨てるようにと指示されていますが、そのまま茹でる水に使っています。

 

2. 入れる具材をすべて切って準備しておく(パスタを水に漬けている間に)。

 これは一般に、調理の基本ですね。

 

3. パスタの入った鍋に塩、オリーブオイルなどソースの材料を入れる。

 トマトソースならばトマトジュースを入れ、

 クリームソースなら生クリームを入れます。

 このとき、パスタをふやかしたときの水が多ければ少し減らします。今まで作った感じでは、トマトソースでは水を少なめ、クリームソースならば多め。作ってみて自分の好みの分量を決めてください。

 

4. パスタを水に漬けていると互いにくっつくので、この時点でハシなどでばらしておく。準備した具材を「すべて」火の通りにくいものから順に鍋に入れる。

 

5. 鍋の蓋をして火にかける。吹いてきたら極弱火にしてパスタの表示されているゆで時間のあいだそのまま炊く。

 

6. 蓋を開け、水分をある程度とばす。このときパスタの端がくっつきやすいのでバラす。

 ここの水分のとばし加減がポイントです。余り水分が残っているとベチャッとしてしまいますし、かといって飛ばしすぎるとパサつきます。*1*2

 あと、葉もの野菜などはこのタイミングで入れて火をとおしています。

 

7. 仕上げに入れる材料を鍋に入れて和える。

  生クリームや粉チーズ、オリーブオイルなどなど

 

 土鍋の場合、皿などに取り分けずにそのままいただいています。当然の事ながら、アルデンテは望めません。でも、日本人好みの食感のパスタ(いつか喫茶店で食べたパスタ)に仕上がります。

 

 洗い物は鍋と食器(自分の場合はしとさじ)だけ。山の食事と同じです。

*1:土鍋だと火から降ろしても熱がこもっているので、水分が飛びやすい。

*2:最近は水分をわざと残しておいて、最後にスプーンで飲み干しています。

サバ缶のみそ煮うどん

NHKのHP 「みんなのきょうの料理」で見つけた料理です。

作ってみて、これは山の食事に使えるなと思いました。

材料は、サバ缶、タマネギ、白玉うどんに長ネギなど。調味料は八丁味噌

冬場は白玉うどんをそのまま持っていけばよし。夏場は冷凍うどんですかね。

詳しい作り方はHPを見てもらった方がいいと思います。

 

サバ缶の汁からしっかりだしが出ます。タマネギは多めに入れて、味噌は少なめにして溶き入れ、煮込んだ方がおいしいです。そして、うどんを入れてサッツと火をとおせば出来上がり。

トマトソースの牛肉煮とパスタ(その1)

 NHKのHP 「きのこたっぷりハヤシライス」を見て作ってみようと思いました。しかしHP掲載のレシピは鍋をいくつも使っており、山で作るには手順の変更が必要かなと。

 それで、手始めにドミグラスソースの代わりにトマトジュースを使って煮込んでみました。そのため、”その1”です。

f:id:Odawara94:20181024133046j:plain

 

[材料 2食分]

牛小間切れ肉200g、トマト1個、セロリ10cm位、トマトジュース1/2カップ、ニンニク2かけ

 

 トマトはくし形に切り、さらに1cm程度の角切りにします。こうすると皮が気になりません。それとレシピではセロリの葉を使っていますが、その始末について記載されていないため、代わりにセロリの茎を10cm程度小口に切っていれました。ニンニクは横に薄切りです。

 牛肉は食べやすい大きさにちぎり、塩と粗挽きこしょうで下味を付けておき、ソースが煮えてきたところに加えました。レシピでは別鍋を使い牛肉をバターでソテーして入れるようにとなっています。しかし鍋を2つ使うのが面倒なのと、バターでソテーするとくどいと思い、今回はソースが煮えた中に入れて加熱しました。

 はっきり言って、レシピの内容は動物性脂肪を取り過ぎます。厳冬期のテント泊でもないのに、こんなにバターを摂ってどうするのと突っ込みを入れたくなります。太るだけですよ。

 それとは別に4人分で牛肉200gは少ないんではないでしょうか?@50gですよ!せめて@70gくらいにしないとハヤシライスと言えないです。タンパク質は少なく脂肪は多い。今の食生活はこんなもんですか?

 それと、レシピには仕上げにケチャップやソースを入れるよう指示がありますが、不要です。洋食屋は味に深みを出すためと、自分の腕を自慢するのにこれらを隠し味に入れる傾向があります。野菜と牛肉の旨味だけで十分です。

 

 鍋にトマト、セロリそれとニンニクを入れ、トマトジュースと水を適量入れて火にかけます。沸いてきたら牛肉を入れて炊いていきます。ソースの出来上がり分量はちょうど6号土鍋に半分くらい。これから見積もると、レシピどおりトマト2玉で4人分ですね。

 今回は、ついでにパスタと一緒に戴こうと思いましたので、ちょっと水多めにしてパスタ入れて炊きました。肉が煮えたところでパスタを入れて程よい堅さ(約10分くらい)までゆでて出来上がり。

 オレガノを振りかけていただきました。ゆでたので肉が柔らかく、ソテーしなくて正解でした。ソースは、いろんな旨味が混じり合っておいしかったです。もちろん御飯にかけて戴いてもおいしいと思います。

 ソースが残るので、翌朝再び水を足し、パスタを炊いて全部戴きました。 

 

 こういうシチュものは自宅で作ってジップロックに詰め、冷凍して持っていくのも1つの手ですね。時間があれば現場で作った方がいいかな。

 

 次はトマトソースの代わりにドミグラスソースを使い、タマネギをソテーして追加しようと思います。