名古屋でのサバイバル生活

この町での生活はまさに”サバイバル”という表現がぴったり当てはまる。現代日本の縮図のような、こんな土地での生活の記録。ネットで知ったことや気がついたこと、思いついたことの備忘録、毎日の出来事、それに思ったことなどをつづっていきます。

納豆:たれ、からし無し46円!?

 今日、仕事が終わってスーパに寄った。納豆が切れるなぁと思い出して、納豆が置いてあるブースで品定め。そうしたら、なんと、たれ、からし無し46円という商品が置いてあった。大豆は国産、納豆本体の成分構成は大豆と納豆菌のみ。ということでこの商品を購入した。

 

 スーパからの帰り道につらつら考えたことを述べる。

 

 たれ、からしつきはだいたい70円から90円くらい。ということは、現在スーパで納豆を購入する場合、我々は使いもしない納豆に添付されている化学合成食品であるたれ、からしに買値の半分ぐらいをつぎ込んでいることとなる!私は薬品から作られているこれらたれ、からしは納豆を戴くときにはゴミ捨てに直行している。
 バカ女どもは「40円ぐらいどうってことないじゃないの?」などとのたまうだろう。だが、1日40円として、1月で累計すると1,200円。1年では14,400円を使いもしない、ゴミ捨て直行の合成食品である添付のたれ、からしにせせっと金をつぎ込んでいることとなると気がついた!なんでバカおんなどもにつきあわないと行けないんだ?
 他にも同じような例がある。高野豆腐や海藻サラダにもありがた迷惑に薬品合成調味料が添付されて売られている。
 メーカー問いたい。こんないらん物をつけないでほしい。つけないとバカ女どもから(ここは男性連中は99%関心を示さない、購入の主導は女性であるのであえて、戦中に幼年期を迎えた、それ以降の女性をバカ女どもとした。日本の食生活を破壊したのははっきりいってこのバカ女どもである)クレームがつくというのであれば、せめていらん物の添付有無で販売してほしい。なんでバカおんなに従って、いらん物がついた価格で買わないといけないんだ?

 その他、納豆については、バカおんなが原因だと考えられる(バカおんなの需要)食の堕落がある。いちいち章立てして議論できるほどの内容だ;

  • におわない納豆
  • いとをひかない納豆
  • ねばつかない納豆

 日本の食文化は日本人のバカおんなどもにどんどん壊滅させられていく。自分の生活文化を破壊尽くすこいつらの行動原理、思考方針には絶句させられる。

 

 そんなことはないとぬかす連中、特にバカおんなどもに告ぐ。

 

 日本の食文化を維持、継承しているというのであれば言ってみろ!